ホーム > 完成平面図のよくある事例
完成平面図の作成における
No. 事 例 例 図 解 説
1 「区画線」の取得方法の間違い 図 1 車線境界線を「区画線」として作成する際に、白線の部分のみ作成している間違いです。
車線境界線は、連続する線として作成し、「区画線」として作成します。
2 「車道交差部」を「車道部」で取得する間違い 図 2 「車道交差部」が「車道部」として作成されている間違いです。
交差点は、「車道交差部」として作成します。
3 「横断歩道」の取得方法の間違い 図 3 「横断歩道」の白線1本ずつを面データとして作成している間違いです。
「横断歩道」は、路面標示の外形線によって囲まれる横断歩道全体の領域を1つの面データで作成します(自転車横断帯が隣接している場合は、これも含めます)。
4 「停止線」の取得方法の間違い 図 4 「停止線」のマーキング外縁を一周する線データで作成している間違いです。
「停止線」は、マーキングの中心を線データとして作成します。
5
「車道部」の取得方法の間違い 図 5 取付道路により歩道部が途切れる部分でデータの作成漏れがある間違いです。
この部分は、「車道部」として作成します。
6
「車道交差部」の取得方法の間違い 図 6 「車道交差部」が隅切りの頂点を結ぶ線で区切られていない間違いです。
「車道交差部」は、隅切りの頂点を結ぶ線で区切った形で作成します。なお、隅切り形状が明確でない場合は、歩道部の巻込み開始位置で区切った形状で作成します。
7
「車道部」および「車道交差部」の路肩部分の所得方法の間違い 図 7 路肩部分のデータを作成漏れしている間違いです。
路肩は「車道部」および「車道交差部」に含めて作成します。
8
「植栽」の取得方法の間違い 図 8 植栽周りの縁石を「植栽」の形状に含めていない間違いです。
「植栽」は、周りの縁石までを含めた形状で作成します。
9
立体交差箇所の作成方法の間違い 図 9 立体交差箇所で「車道部」の作成漏れがある間違いです。
立体交差箇所では、交差する「車道部」を重ねるように作成します。
10
横断歩道と重なる「車道部」と「車道交差部」の作成方法の間違い 図 10 横断歩道下の「車道部」と「車道交差部」を作成していない間違いです。
「車道部」と「車道交差部」は、横断歩道で切断せず道路面地物として連続するように作成し、横断歩道はそれに重ねて作成します。
11
面データ(ハッチング)の作成方法の間違い
※対象:SXF Ver.2.0による完成平面図
図 11 面データを複数の線分を利用して表現している間違いです。
面データには、ハッチング図形を利用してください。
12
ショートベクタによりファイルサイズが増大する事例 図 12 ラスタ形式のデータを自動ベクタ化機能でベクタ形式のデータに変換した結果、 ショートベクタが多く含まれる状況となり、完成平面図のファイルサイズが非常に大きくなっています。
発注図が紙図面やラスタ形式のデータの場合は背景となる地形のデータをラスタ形式のまま利用するか、 作業上ベクタ形式のデータに変換したほうが良い場合には、線分を極力結合してファイルサイズを小さくします。
13
距離標の属性項目「経度」「緯度」の入力値の間違い 図 13 距離標の属性項目「経度」と「緯度」を取り違えて入力している間違いです。
記入例を参考に正しい値を入力してください。
14
測地系の間違い 図 14 日本測地系(旧測地系)の座標を利用して完成平面図を作成している間違いです。
入手した座標(距離標、座標線(トンボ・グリッド等))の測地系が日本測地系の場合は、世界測地系の座標に変換してから完成平面図を作成します。


©2006 National Institute for Land and Infrastructure Management.
All Right Reserved.